hayaokishufu’s diary

午前3時から始まる早起きママの日常

宅建合格するために、心掛けたことは、メリハリをつけること。

1年目と2年目で、勉強に対する意識を変えた。

 

1年目の反省点

  • 全てを理解しようとし過ぎたこと
  • 子供の夏休み中の勉強不足
  • 過去問を解いた後の、復習不足
  • 自己分析が不足
  • リフレッシュ不足

 

2年目の改善点

  • 深い知識より、広く浅くを心がけた

 性格的に、自分が納得いくまでやらないと気が済まないタイプ。その為、1年目は、1つ1つを、深く深く知ろうとし過ぎた。

 2年目は、テキストや過去問以外にも、図書館で借りた、不動産業や宅建士についての図書を読み、1つ1つバラバラな知識を、線で繋いでいく気持ちで、広く全体を見渡すよう心掛けた。

 

  • 夏休み中も、平日は、毎日、1年分の過去問を解く

 平日は、どんなに忙しくても、必ず、1年分50問の過去問を解いた。

 結果、夏休みを挟み、3、4ヶ月で、16回分の過去問を4周した。延べ3200問。

 

  • 過去問を解いてから、間違えた箇所の復習までを1ターン。

 1年目は、問題を沢山解くことだけに集中し過ぎて、復習を後日に回してしまうことも。

 2年目は、間違えた箇所の復習までを、1ターンとし、毎日取り組んだ。

 

  • 自分の得意分野と苦手分野を理解する。

 過去の自分の回答を見返し、自己分析。苦手分野は、もう1度テキストに戻り、復習。

 また、過去問を解くに従って、13問目の【区分所有法】までに間違いが集中し、解く時間がかかるが、それ以降は、間違いが殆どなく、解くスピードも上げていける、自身の癖を理解した。

 それによって、本番当日も、焦らず冷静に試験に挑めた。

 

  • 平日は、毎日、過去問を解き、休日は、勉強をしないというルールを作り、メリハリをつけた。

 1年目は、とにかく闇雲に勉強に向かっていたが、2年目は、勉強する日としない日のメリハリを付けた。

 そうする事で、休日で、頭も気持ちもリフレッシュでき、月曜日には、自然と、勉強したい‼︎と思うことができた。

 

以上の様に、2年目は、1年目の反省点を活かした勉強を意識した。

 

中でも、最も効果的だったと思うのは、勉強する時、としない時のメリハリをつけたこと。

 

闇雲に勉強していた1年目と違い、勉強する日としない日を明確にする事で、常に、前向きに勉強に取り組むことができた。それにより、客観的に、自己分析をする余裕も生まれ、結果的に、効率よく勉強わ進めることができた。

 

そして、不動産業に従事した経験もなく、独学で勉強してきた私でも、試験当日は…

 

私は、この中の、誰よりも過去問を解いてきた‼︎

 

と、自信を持って、試験に挑むことができた。

 

 

宅建を通し、失敗からの成功を身をもって経験できたことは、これからの自分の人生に置いても、大きな自信になりました。

 

我が家は、先日、今年の大掃除も終え、いよいよ年末モードに突入です。

 

今年もあと1ヶ月。

 

この週末からは、楽しいイベント続き♡

 

頑張ったご褒美に、うんと楽しみます😁

 

 

 

 

宅建試験挑戦の理由は…悔しいから‼︎

今日、合格証書が届いた。

 

改めて、受かったんだぁ…という実感が込み上げてくる。

 

昨年、一度不合格となり、この1年間、必死に勉強したが、当日のテストは、とても難しく感じ、もう一生、取得できないんじゃないかと思っていた。

 

そして、ようやく…

 

昨夜、自己採点した。

 

41点

 

8割は出来ていた♡

 

 

そもそも、私が宅建を受けようと思ったのは、結婚後、2度目に済んだアパートの更新費が原因だった。

 

私も主人も、独身の時は、実家の一軒家に住んでいた。

 

その為、恥ずかしながら、賃貸アパートに、更新費が必要だということは、結婚してから知った。

 

初めて住んだアパートの更新費は、20,000円。

 

 

その為、何も知らない私達は、アパートの更新費は、どこでも、一律20,000円なのだと思い込んでしまった。

 

 

そして、2度目に住んだアパートの最初の更新。

 

 

思っていた金額より、4倍近い金額が、給与から天引きされていた。

 

 

???

 

 

びっくりして、問い合わせしたら…

 

 

アパートの更新費は、賃料1ヶ月分だということが判明。

 

 

もちろん、その金額にも驚いたが、それ以上に驚いたのが、部屋探しの時から、私達に、その事実を知る術が、なかったということ。

 

 

私達の賃貸アパートは、法人契約。

その為、部屋探しは、自分たちで行うが、実際の契約は、勤務先が行う。

 

だから、当時、対面で、重要事項や、契約に際しての説明を受けていなかった。

(今住んでいるアパートは、重要事項の説明があったのだが…)

 

もちろん、残していた、当時の募集チラシには、更新費についての記載はなかった。

 

更新費の事実が判明し、契約書のコピーを、勤務先から取り寄せると、主人の署名がある。

 

彼曰く、会社の方から、サインを求められて、ただただ、サインだけをしたとのこと。

 

更新費についての記載がある。

 

 

代理店の方に問い合わせても、法人契約だから、更新費も、勤務先が支払うと思っていた…と言われてしまう。

 

契約書に主人の署名、捺印がある以上、こちらは、これ以上何も言えない。

 

きっと、契約的には、何も間違ってないし、仮に、非があるとすれば、何も確認せずに、署名をしたこちら。

 

 

だけど、いくら法人契約でも、実際に住む私達に、何も説明がないのは、不親切だな、と感じた。

 

そして、それ以上に、自分の無知さを実感し、悔しかった。

 

 

私達は、転勤族。これからも、引っ越しは続く。

 

知識がないということは、とても怖いことだと感じた。

 

知らないと、疑問にも思わないし、質問することもできない。

 

賃貸アパートとはいえ、住宅に関する契約は、生活する上でも、金銭的にも、とても重要度は高い。

 

スーパーで買い物をするのとは、訳が違う。

 

だから、私は、その時の経験から、宅建士の資格を取ろうと思った。

 

 

これからの自分達の生活を守る為。

 

 

今、振り返ると、当時を知る主人と、よく、それだけの理由で、こんなにも長い期間頑張ったよね、と笑い合う。

 

改めて、私…気が強過ぎ笑

 

でも、そんな、悔しかった時を経て、合格証書を手にした今、私は充実感と達成感に満たされている。

宅建合格しました。

今日は、結果発表の日。

 

試験が終わってから、解答速報なども見ず、SNSなどでも、一切検索せず。

 

ただただ、今日の日を待っていました。

 

正直、手ごたえも、あるのかないのか、よく分からない状態でした。

 

だから、信じられるのは、試験に向けて、頑張って来た日々のみ。

 

結果…合格

 

本当に嬉しい♡

 

 

さらに、今日は、今月初めに受けた、がん検診の、再検査の結果が出る日でもありました。

 

以前から、分かっては、いたけど、色々なタイミングが重なり、今回は、再検査をすることに。

 

がん検診自体は、10年以上毎年受けているが、再検査は初めて。

 

多分、大丈夫だろう…と言われても、やっぱり不安だった。

 

これからのことを、色々想像し、考えた。

 

このブログも、普段、自分の感じたことを、ありのままに書いていたが、

 

 

再検査を受けると決めてからは、ブログを書いて、不安に押しつぶされそうな、自分の本当の気持ちに向き合うのが怖くて、今日まで書けずにいた。

 

この数週間は、とにかく、不安な気持ちに蓋をするべく、とにかく、ただただ、毎日を必死に過ごしていた。

 

結果は…異常なし

 

 

本当にほっとした♡

 

 

また、私にとって、この2つの大きな出来事については、ゆっくりと向き合って、書き残したいなぁと思います。

 

ひとまず、今日は、美味しいものを食べて、目一杯、ダラダラして過ごそっと♡

 

 

彼女の心の声

お母さんに、いいところを見せられるように頑張りたい…

 

 

昨日の、長女の日記に書かれていた言葉。

 

 

何だかぐっときた。

 

 

毎日の宿題で、日記を書いている彼女。

 

 

今日は、マラソン大会なのだ。

 

 

 

最近の彼女は、2学期に入り、勉強に身が入らない様子…

 

 

その為、少し前から、私が宿題を確認している。

 

 

学年が上がるにつれ、帰宅時間が遅くなり、しかし、やらなければならないことは増えていく。

 

 

小学生なので、夜ふかしさせるわけにもいかない。

 

 

早く宿題をして欲しい私…

 

 

下校後の過ごし方で、彼女を注意することが増えた。

 

 

彼女が経験すること全てが、私が親として経験する初めてのことになる。

 

 

その為、彼女に対しては、どこか、こうであって欲しい‼︎と言う思いが強すぎるのかもしれない。

 

 

次女に対する思いとは、やはり少し違う。

 

 

 

長女は、あまり自分の考えを言葉にしない。

 

 

こちらが何か言っても、黙ってしまう。

 

 

日々、私に色々言われ、彼女が、どんな気持ちでいるのか…

 

 

明日は言わないように…と思って、反省をするも、次の日には、また同じ事を繰り返している自分が情けない。

 

 

だからこそ、いいところを見せたい‼︎と言う、彼女の前向きな言葉が、とても嬉しかった。

 

 

それと同時に、褒めてもらいたい!と言う、彼女の心の声に触れた気がして、ドキっともした。

 

 

ラソン大会…

 

 

決して、早い‼︎と言える順位ではなかったが、最終周で、最後の力を振り絞り、何人も抜いて行く彼女の走りを見て、目に涙が溜まった。

 

 

その後、走り終えた彼女と会い…

 

 

最後、頑張ったねぇ‼︎凄いね‼︎と、彼女の頭をくしゃくしゃ撫で回しながら、盛大に声をかけた。

 

 

しかし、自分の思うような結果が出せず、少し悔しそうな表情と、周りに友達がいる恥かしさからか、いつものクールな対応をされてしまった笑

 

 

もうすぐ彼女が帰ってくる‼︎

 

 

 

どんな顔をして帰ってくるか…

 

 

とても待ち遠しい♡

 

 

 

パパに動画を見せて、また盛大に褒めてもらおうね。

自分の体と向き合う1日

毎年、10月の誕生日を迎える頃、決まってすることがある。

 

 

自分の体と向き合う。

 

 

独身の時から、10年以上続けている。

 

 

具体的には、女性特有のがん検診。

 

 

20代前半の頃は、まだ大丈夫だろう‼︎と、どこか安心して受けていたが…

 

 

38歳の今は、年齢的にも、これからは、何があってもおかしくない‼︎と、身の引き締まる思いだ。

 

 

この、検診前の、何とも言えない、落ち着かない気持ち…

 

 

何度経験しても、慣れない。

 

 

逃げ出したくもなる。

 

 

私の年齢で、しかも、専業主婦だと、毎年きっちり受けている人は、そう多くもない。

 

 

だから、別にいいかなぁ…とも、思いそうにもなる。

 

 

でも、今は、毎日が、楽しくて幸せ♡

 

 

こんな日々が、これからもずっと続いて欲しいから…

 

 

毎年、自分の誕生日になると、自分自身に、健康をプレゼントする意味でも、私は毎年検診を受けている。

 

 

今年も、無事に、1年の締めくくりができたらいいなぁ…

 

 

今年もあと2ヶ月。

 

 

家族で、ゆっくり年末年始を過ごすため、

 

 

あと、もう一踏ん張りかな♡

 

 

今日は、主人がお休み。

 

久々の平日2人♡

 

朝からは、私の病院巡りの運転手笑

 

 

ランチは、2人でゆっくり過ごしたいな…

 

 

なんて、想像しながら、病院の長い待ち時間を過ごす。

 

 

お腹空いてきた…笑

野菜嫌いを、納豆で克服‼︎

納豆が苦手な方が、色々な食材と組み合わせて、克服した!

 

と言うエピソードは、良く聞く。

 

 

しかし、うちの次女は逆。

 

 

野菜全般が苦手な彼女が、納豆を混ぜることで、嘘のように食べ始めた。

 

 

彼女が幼稚園に入園する頃から、ずっと偏食に悩んできた。

 

 

去年は、その体の小ささを指摘され、総合病院で、検査も受けた。

 

 

口の中に問題があるのか?それとも喉?咀嚼?

 

 

色々な原因を考え、先生方に相談。

 

 

しかし、毎回言われるのが…

 

 

どこにも異常はありません!

食べないのは、彼女の意志の問題だね笑

 

 

…やっぱり。

 

 

私も日々、試行錯誤しながら、食事を作ってきたが…

 

 

結果は惨敗…

 

 

どうしていいか分からず、こちらがパニックになることも…

 

 

しかし、そんな日々を経て…

 

 

納豆に救われた‼︎

 

 

 

 

その日は、突然訪れた。

 

 

 

たまたま、スーパーで、ひきわり納豆が安売りされていた。

 

 

普段は、小粒納豆を買っていて、ひきわり納豆を手にとったのは、本当に久々だった。

 

 

主人は、毎朝納豆を食べる。

 

 

しかし、私や子供たちは、納豆が大好きだが、最近は、あまり食べていなかった。

 

 

久々に食べたいなぁ…

 

 

そんな何気ない思いつきで購入。

 

 

そして、その日の夜、メニューに、たんぱく質が足りないなと感じ、これまた、何気ない思いつきで、“野菜のナムル“に入れてみた。

 

 

小松菜、人参、もやし…

 

 

普段の次女なら、絶対に食べない野菜のラインナップ。

 

 

特に、緑の野菜は、大、大、大、大嫌い‼︎

 

 

その為、その日の夕食も、長期戦を覚悟していた私。

 

 

しかし、野菜のナムルが盛られたお皿を見るや否や…

 

 

あ〜‼︎納豆‼︎

 

 

と次女のテンションが急上昇‼︎

 

 

そして、次の瞬間…

 

 

‼︎‼︎‼︎

 

 

自ら食べた‼︎

 

 

普段なら、絶対に見ない光景‼︎

 

 

 

その後も、次々に、彼女の口に運ばれていく、野菜のナムル。

 

 

そして、あっという間に完食。

 

 

そんな、彼女の口から出た言葉は…

 

 

まさかの…

 

 

おかわり‼︎

 

 

 

 

 

野菜をおかわりだなんて、彼女の人生で初めてだ。

 

 

普段の野菜のナムルに、ひきわり納豆を混ぜただけ。

 

 

奇跡が起きた…

 

 

その日以降も、野菜の和物系には、ほぼほぼ毎日納豆を混ぜている。

 

 

そして、彼女も毎日、躊躇なく完食。

 

 

嬉しい…

 

 

嬉しすぎる‼︎

 

 

胡麻和えも、マヨネーズ和えも、ナムルも…

 

 

日々、飽きがこないようにと味付けを変えても、納豆を混ぜれば、全て納豆味。

 

 

 

でも、それでも構わない。

 

 

それで、次女が野菜をもりもり食べてくれるのだから‼︎

 

 

そして…今日の夕飯準備が終了。

 

 

はい。

 

 

もちろん、納豆を混ぜてます🤗

 

 

 

 

 

 

新たな趣味…になる予感

 

私は、とにかく寒いのが大嫌い。

 

 

基本的には、外に出て、動き回るのが大好きなのだが…

 

 

冬は例外。

 

 

とにかく出たくない。

 

 

家の前のお店に、買い物に出ることすら、億劫になるほど。

 

 

 

最近、ぐんと寒くなってきた。

 

 

私の苦手な季節の到来を、日に日に感じずにはいられない。

 

 

しかし、そんな苦手な季節にも、唯一の楽しみがある。

 

 

それが手芸だ。

 

 

コロナ禍になってからはまった。

 

 

特に去年は、手縫いで、沢山の物を作った。

 

 

ポーチ類、鞄類、ランチョマット、財布、ペンケース、御守り袋等…

 

 

そして、それらの材料を選んでいる時、ふと刺繍もしてみたいなぁ…と思い立った。

 

しかし、その時は、もう暖かくなりつつある季節で、その思いは、次の冬までの持ち越しとなった。

 

 

そして、その“次の冬“がやってきた。

 

 

宅建試験を終え、冬支度の衣替えを済ませるや否や、刺繍に必要な最低限の道具を買い揃えた。

 

 

初期投資は、ワンコイン。

 

 

そして、しっかり基礎から学びたいと思い、ネットではなく、あえて、図書館で本を借りてきた。

 

 

今は、その本を見ながら、毎日少しずつ、基本ステッチをひたすら繰り返す日々。

 

 

……楽しい。

 

 

無心で針を刺し続ける時間が、今の私の癒し。

 

 

目標は、暖かくなる季節までに、刺繍を施した生地で、BOXティッシュケースを作ること。

 

子供たちのリクエストに応えた、キャラクターの刺繍が施せるようになること。

 

 

苦手な季節の到来も、新たな趣味のおかげで、私はわくわくしている♡